ENDURO NATIONAL SERIESの頭文字から「ENS」と称する
2014年に発足
海外の本格的なエンデューロレースを参考に、日本国内の地形や参加者ニーズに合ったシリーズ戦として2015年より本格始動

2020シーズンは1デイ開催の「ENS Lites」6大会 
2デイズの「ENS」4大会を各地で開催しています

競技方法

MTB(マウンテンバイク)によるステージレース
下り基調の「ステージ」と呼ばれる複数のコースを個人タイム計測し、合計タイムにより順位を決定する。
各選手はメイン会場より定められた時間に「リエゾン」と呼ばれるステージスタートまでの移動区間を出発し、ステージスタート時間に間に合うよう移動する。
ステージから次のステージへも同様にリエゾンを移動

各選手の最初のリエゾンスタート時間、各ステージのスタート時間は、スタートリストに記載され、選手はこの時間を確認し、集合、移動を行う。
*ステージスタート時間に遅れた場合、その時点の次にスタートする選手の5秒後にスタートし、遅れた時間分はそのままタイムに加算される

コースマップイメージ

競技規則

・車両に関して
AA及びAクラス参加者はいかなる場合もスタートからゴール(競技中)の自転車の交換は認められない。
ただし競技者間での貸し借り、助け合いは認める。
B Cクラスは、走行困難な故障に見舞われた場合、スタート時に所持していない車両及び部品の交換による競技継続を認める。競技を優位に進めるための故意の交換は認められない。
運営側で厳密なチェックは行わないため、競技者と主催者の信頼関係により施行される規則である。

・競技の中断とリザルトについて
前走者の転倒などにより本来の実力が発揮されない場合でも再計測は認められない。
重大事故が発生による競技継続が困難な場合、計測を中断することがある。
安全確保後スタートで止められた選手から計測再開する。
安全確保に長時間が要される場合、該当ステージの全選手の計測を無効とし、全ての選手が計測完了したステージを最終結果とする。

参加申込方法と募集期間

参加申込は各大会の概要ページからウェブエントリーフォーム送信により申し込みができます。
参加費は銀行振り込み
2020年は当日まで参加できるかわからないという方に向け、参加費+1000円の当日払いプランを追加(支払いは現金またはpaypay)

前年度ENS大会参加経験者はRIDERS LISTで登録クラスと固定ゼッケンNoを確認してください

初参加の方はクラス参加資格を下記でご確認ください

各大会開催日の1か月前にエントリー開始し、10日前に募集終了
ただし申込数が参加定員に達した時点で募集終了

ENS カテゴリー分け

固定ゼッケンNoを個人IDとしたライダーズリストはRIDERS LISTよりご確認ください。
初めてENSに参戦する選手は下記を参照に各レースにお申し込みください
*初参加の方は原則Cクラスからの参加となります

■AA:スポンサーを受けるプロ選手  CJシリーズXC DH男子エリートトップ選手 エンデューロスペシャリスト 登録数20名程度
CJ1格式以上のDH種目において3位以内の実績がある選手

■A:上級者 Jシリーズエリート在籍者 及び同等の選手 登録数30名程度を予定
初出場でAクラスに参加希望の方は、主催者審査がございます

■B:中級者クラス 2019年B登録者および2020年Cクラスからの昇格者

■C:MTB経験やレース経験の浅い方 オフロードでMTB走行ができれば参加可能
初出場の方は原則このCクラスとなります
*他大会で入賞実績などある場合にはB以上から出場も可能  
*中学生以上の男女問わず上記にカテゴライズされる

カテゴリー昇格

以下2020年昇格条件

■A→AA
1 Aクラス年間シリーズランキング1位かつ総合ランキング5位以内
2 ENS(Litesを除く)において最低1回のAクラス優勝かつ総合3位以内の成績を収める
・上記1 2共に満たしたもの

・ENS(Litesを除く)AA参加者3名以上の大会において総合優勝した者は次回大会よりAA登録とする

■B→A
1 Bクラス年間シリーズランキング3位以内
2 ENS(Litesを除く)においてBクラス優勝かつ総合30位以上の成績を収めたもの

・上記1 2 共に満たしたもの
・ENS(Litesを除く)において総合成績10位以上を収めた場合次回大会よりAクラス

■C→B
1 Bクラス年間シリーズランキング3位以内
2 ENS(Litesを除く)においてCクラス優勝かつ総合40位以上の成績を収めたもの
・上記1 2共に満たしたもの

・ENS(Litesを含む)においてCクラス優勝したものは次戦よりBクラス登録とする

シリーズランキング

全クラス同じコースを使用することで、総合リザルトの順位に対しポイント付与
ENS公式戦及びENS Lites有効ポイント4戦によるシリーズランキングを決定

2020公式戦ポイントマップ

2020ENS Litesポイントマップ

シリーズ表彰に関して
総合チャンピオンは最終戦で表彰

*年代別は2020年12月31日の年齢で決定(例:12月に40歳を迎えるものは、初戦より40代の登録となります)

ショップチームランキング

2020年各チーム員個人ランキング全員の合計により行います
ショップ主体のチームによるランキングの採用
・登録者数に制限なし
・登録者全員のポイント合計によるランキング
・選手のチーム名またはチーム名の一部にショップ名が記載されること
・選手登録は、ショップチーム代表者から選手名、ゼッケン番号の申請をメールにて事前に行う
・年間ランキング1位のチームは、最終戦終了後ウェブサイトで発表
・年間ランキング1位のチームには、次年度1名の年間無料参加権を付与(ショップオーナーが好ましい)

計測について

■計測区間の「ステージ」において各選手のタイム計測を行う
■各自指定されたスタート時間にステージをスタートしなければならない
■スタートカウントは掛け時計を使用し、各自スタートリストに記載された時間にスタートする
*要救護発生による遅延などの場合はこの限りではない
■スタートスタッフはスタート時間が守られているかをジャッジするものであり、「5,4,3,2,1 スタート」などのカウントダウンは行わない。
参加者は自分のスタート時間を把握し定刻にスタートする
スタート地点でスタート時間をリストで確認できます
■スタート遅刻について
ステージスターと時間を過ぎてしまった場合は、出走準備が整い次第 定刻通りスタートする選手の間に入り、安全確保の上スタートする。
遅着時間がそのままタイムに加算される
■同タイムについて
全てのステージの合計タイムが同じだった場合、最終ステージのタイムを優先し順位決定する。最終ステージが同じの場合は最終の一つ前のステージ順位を優先。
■スタートファールについて
下図赤線のセンサー間をスタートラインとし、このラインを定刻前に通過した場合には+1秒以上のペナルティー加算タイムが与えられる
また、センサー間ラインから50センチ後方までの間にフロントタイヤを停止状態からスタートしなければならない(大きな助走は許されない)
画像の説明

参加者へお願い
エンデューロは複数の場所で同時にタイム計測が行われる競技です。
ENSでは参加者自身が上記のルールを守り、スタート時間を把握しスタートすることで計測の簡略化と特殊技能を持ったスタッフがいなくても運営できるシステムの構築を目指しています
これにより各地で大小さまざまな規模のエンデューロが開催されることに繋がります
ご協力をお願いいたします

スタートリスト

以下スタートリストサンプルです
左から
BIB:ゼッケン番号
RIDER:選手名
スタート:大会本部メイン会場でMC紹介を受けてステージ1へ向けて出発する時間
ステージ1スタート:この時間に計測区間「ステージ1」をスタートしてください ゴール後ステージ2へ移動開始
ステージ2スタート:この時間に計測区間「ステージ2」をスタートしてください ゴール後ステージ3へ移動開始
ステージ3スタート:この時間に計測区間「ステージ3」をスタートしてください ゴール後最初のメイン会場へ移動開始
フィニッシュ制限時間:この時間までにメイン会場に戻り、ゴールのチェックを受けてください
CAT:技量別クラス表記
AGE:年代別カテゴリー表記

画像の説明

コース案内看板について

画像の説明
画像の説明

表彰について

AA~C各カテゴリー上位3名が表彰対象のほか

エイジアワード
AA以外の選手は総合成績から30代 40-44歳 45-49歳 50代 60代の各1~3位の選手を表彰 

womensアワード
女性もC~AAの各クラスに登録するが、総合成績から女性の上位1~3位選手を表彰 

FAT BIKEアワード
全カテゴリーにおいてFAT BIKEで参加した選手(エントリー時に申請が必須)総合成績上位3名を表彰
*セミファット(プラス)は除く
*タイヤ幅3.8インチ以上を条件とする

HARDTAILアワード
2019シリーズ本大会より採用
全カテゴリーにおいてハードテールで参加した選手(エントリー時に申請が必須)総合成績上位3名を表彰
*申込時にハードテールで出走する選択が必要

E-BIKEアワード
2019シリーズ本大会より採用
全カテゴリーにおいてE-BIKEで参加した選手(エントリー時に申請が必須)総合成績上位3名を表彰
*国内正規販売車両であり、モーター出力やアシスト比の改造がないものに限る

下記誓約文に同意できる方のみが参加可能

【誓約文】
私は本大会に参加するにあたり、以下のことを誓約します。

私は、大会主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従うことを誓います。
私は、自分自身の健康管理に細心の注意を払い、大会及びその付帯行事の開催中の参加にあたり関連して起きた死亡、負傷、その他の事故の場合にも自己の責任において一切を処理し、主催者、オフィシャル役員、係員、及び参加選手等、大会関係者を非難したり責任を問わないことを誓います。なお、事故が主催者側に起因した場合でも変わりありません。
私は、大会及び付帯行事の開催中、自身の所有品及び用具に対し、一切の責任は自分自身が持ちます。
私は、大会に関する新聞、雑誌、放送、印刷物、放映及びスポンサー、主催者等に参加者自身の名前及び写真、映像の自由な使用を許可するものとします。
豪雨、強風、その他天災、事故などにより大会の取り消し、中止、または競技の変更の場合でも異存はありません。また、その場合、参加費が返却されないことを了承します。※自己都合による参加費支払い後の、参加取りやめに対しての返金請求もいたしません。
競技に耐えうるマウンテンバイクを自己責任において準備、整備して参加します。
以上の誓約内容について私は、理解し了承したうえで参加を申込します。また、私自身が未成年の場合は保護者も同意の上参加を申し込みます。